姫ネジ・神ネジの使い方

コツはやさしくゆっくりと

神ネジも同じです。

ステンレスネジとは言っても無理な力をかけるとスリワリ(スリット部)が歪んでしまいます。指定のドライバーを持っている場合はそれを必ず使用。ない場合は、ゆっくり締めることでゆがみがなく締められます。(太ももパーツは締め過ぎ注意です。個体差がありますがパーティオで白化を確認しています)。

実験台のゼルノさん。素体のネジは全部共通です。「武装」パーツは違うのがあるかもなのでご注意を。

 

まずプラスドライバーで純正のを外します。一個ずつ交換するほうがいいかもですね。

 

時計用として販売されているものか、小型のプラスドライバーならなんでもOKです。

 

で、外したところにネジを差し込んで。

 

ゆっくりとネジを締めます。

 

ネジの模様の向きを揃えたくなる気持ちもわかりますが、なかなか揃いません。緩める方向に揃う場合はそれでいいですが、締める方向に揃える必要がある場合は、そのままにしておいたほうが安全です。「揃えない」。

 

きれいにできました〜!

 

使っているドライバーはPBのマイナスドライバー#0。時計用なのでちょっと高いんですが、肉厚があるので綺麗に締められます。

 

スイスのです。

 

先がこのように厚くなっていて、飾りネジを傷めません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です